ニンテンドークラシックミニ生産終了と顧客心理

2016年11月10日に発売されたファミコン復刻版の「ニンテンドークラシックミニ」が、4月14日付で生産一旦終了と公式ページで発表されました。


依然高い人気を誇り、品切れ状態が続いているなかでの生産終了宣言は、さらなる需要を引き起こすでしょう。


そんな状況でも「買いたい」と思ってしまうのが顧客心理ですよね。

 

数が少ないと欲しくなる「希少性」

私たちは、普段「買おうと思えば買えるのに、なかなか買わない」という行動をしてしまいます。


では、なぜ手に入らないと思うと欲しくなるのでしょう。それは、「希少性」に意識が刺激されるからです。

 

「早い者勝ち!」

「参加人数限定」

「在庫は、あと3つ!」

「1日限定」

などと書かれていると、欲しくなりますよね。


これは、「数が少ないほど良い商品なのではないか」という消費者の意識が刺激されて起こります。

 

「希少性」をさらに高める方法とは

ならば、この強力な「希少性」のパワーを、あなたの商品でも取り入れられないか、考えてみてはいかがでしょう。


さらに、希少性の効果を高めるためには、「限定」を組み合わせることがポイントです。


また、高単価の商品を販売する際に効果的です。

「あと3名様(限定)までご予約可能です。急いでください。次回の予定は2年後(希少性)になります」


 

高くても売れるその理由とは?

実際に、私は絶版になったマーケティングの本を、定価の5倍の価格で購入したこともあります。


欲しい人にとって価値を感じられるのであれば、価格が高くても購入してくれます。


ぜひ、あなたのビジネスにも、「希少性」、「限定」を取り入れてみてください。

 

PS

私はニンテンドークラシックミニは手に入れるのは難しそうです。再販を期待して待ちます(涙)

 

執筆者

期間限定!PDFレポート無料プレゼント

小さな会社のためのレバレッジ・

webマーケティング・ガイドブック

~5年後の会社倒産率90%を生き残る!

チャンス追求型経営から戦略型経営への転換~

ダウンロード
PDFレポートの一部をご覧いただけます。
レバレッジ・Webマーケティング・ガイドブック・サンプル.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 549.6 KB

メモ: * は入力必須項目です